金・プラチナ・ブランド・ジュエリー買取専門店全国に80店舗、安心買取のキングラム

岸里店へのお問い合わせ

0120-530-237

【受付時間】 10:00 ~ 19:00(火曜定休)

お問い合わせフォームはこちら

ロレックス デイトジャスト/1601お買取致しました♪

どうもみなさんこんにちは、キングラム岸里店です。

突然ですが、みなさん「リダン」ってご存知ですか?

リダンとは……汚れてしまった時計の文字盤を再生させることを言います。

文字盤にはブランドロゴや名前なんかが刻まれていますよね?

つまり、それらを新たに刻み直し、文字盤を綺麗にすることを『リダン』と呼ぶのです。

------------------------------------------------------------------------------------------

”なぜ、そんなことをするのか”

みなさん、汚い文字盤の時計をつけたいですか?

勿論、色焼けがいい味になる時計もたくさんありますが、年代物となると汚い印象の方がどうしても強くなりますよね。

時計はファッションでもあるわけですから、綺麗な状態でつけたい人が多いわけです。

”リダンによって時計の価値は失われる”

そもそもリダンっていうのは、非正規で行なわれます。

そして、オリジナルの色味を出すのはかなり難しく、完璧に再現することは不可能です。

字体は異なり、オリジナル製品とはほど遠い文字盤となることから、時計が持つ価値は失われます。

当然、二次流通などで欲しがる人は正規品(オリジナルのまま)を欲しがるわけですから、わざわざリダンされて違和感のある時計を求める人はいないのですね。

さらには、著作権等の関係上、昨今はリダンや改造を施した時計を販売することができなくなりました。

当然、中古市場でも同じで、かなり厳しくなっています。

改造品やリダンは、捌く先がほとんどないので、自然安値でしか買えない。

もしくはお断りすることも多々あります。

-----------------------------------------------------------------------------------------

”リダンするなら、使い続ける”

前述の通り、リダンした時計はその価値を失います。

しかし、それはあくまで売却益のおはなし。

自分で使う分には、そりゃ綺麗な時計の方がいいですよね?

思い入れがある、墓まで持っていく……そういう理由ならリダンは選択のひとつです♪

勿論、「二度と売れない」という覚悟を持った上でしなければなりませんがね。

 


さてさて、今回ご紹介するのはこちら、

ロレックス デイトジャスト/1601

でございます♪

製造年は1967年!なんと50年以上も前の時計です!

ですが、52年前のものであろうと、ロレックスの需要は計り知れません!

だからこそ、高値でお買取りできますヽ(^o^)丿

壊れていても高値がつきますし、コマや箱だけでも買い取れますので、お持ちの方は是非当店へお越しくださいませ♪


キングラム 岸里店の最新情報

もっと見る

他の地域の店舗を探す

店舗ブログのカテゴリー