金・プラチナ・ブランド・ジュエリー買取専門店全国に80店舗、安心買取のキングラム

岸里店へのお問い合わせ

06-6653-0230

【受付時間】 10:00 ~ 19:00(火曜定休)

お問い合わせフォームはこちら

ロレックス デイトジャスト/69173Gお買取りしました♪

どうもみなさんこんにちは、キングラム岸里店です。

「コロナの影響でロレックスって下がってるんやろ?」

とよく質問をいただきますが、その実、実勢価格にはさほど影響がないというのが現状です。

もちろん、コロナウィルスの影響で工場が閉鎖したり、部品もまともに輸入できない、そもそも流通量がかなり減っている・・・など影響は計り知れません。

ところが、このコロナ渦においても、逆に実勢価格が高騰しているモデルも存在していることから、国内在庫が多少のダブつきを見せても、やはりロレックス、人気とプレミア価値が支持する形でほとんど値下がりしていないんですね~。

ですので、買取相場においても、実際のところほとんど変わらないと言えます。

むしろ先にも述べた通り、一部値上がりしているモデルもあるので、相変わらず売り時であることは間違いなさそうですね(^^)/

特にここ最近では”エクスプローラー1/214270”実勢価格が100万円の大台に乗るなど、ここにきて高騰しているモデルもあります。

20-30年前のモデルでも高値でお買取りすることができますので、売却を検討されている方がいましたらこの機会に是非お見積りをお願い致します。


さてさて、今回お買取りしたのはこちら、

ロレックス デイトジャスト・レディ/69173Gでございます。

旧モデルの10PDコンビモデルは現行モデルとしても展開している王道ラインのひとつ

中古市場においても数多く取引されているので高額査定となりました(^^)/

2.30年前のモデルでも数十万円の値がつくことが多いです♪売却を検討されている方はお気軽にご来店くださいませ。


ピアジェ 金無垢レディース時計お買取りしました♪

”ピアジェ”と聞いて、ほとんどの人がジュエリーや宝飾時計をイメージすることでしょう。

実際のところ、レディースの宝飾時計として名を馳せているピアジェ

とは言え、「宝飾時計」というイメージが強いピアジェは機械好きの時計マニアからすれば、あまり”時計”と呼びたくないジャンルに位置するのかもしれません。

宝飾時計やジュエリーブランド、或いはファッションブランドの時計はどうしても技術力が低いという印象を持たれがちです。

しかし

しかしながら、ピアジェはジュネーブ・グランプリで権威あるアワードのひとつ”金の針賞”を受賞するほどの技術力があります。

ケースとムーブメントを一体化した革新的な技術で、厚さはわずか2mm

”アルティプラノ アルティメート コンセプト”と名付けられたこのピアジェの時計は確かな技術力と革新的な発想、そして「必要以上に良いものを作る」というピアジェ家のモットーから成る一級品でございます。

その他ファッションブランドなどの時計も優れた開発力や技術力を着々と積み重ねており、一昔前のような「質の悪さ」というものはほとんど感じられなくなってきました。

時計マニアからもお墨付き貰えるほど、そして権威あるグランプリで受賞するほど、老舗時計メーカーと遜色ない作りとなっております。

ムーブメントの耐久性、ケースの堅牢性など、高水準となっている昨今、きっと昔の認識を改めるべきなのでしょう。

レディース宝飾時計というイメージが強いピアジェですが、革新的な技術力が盛りだくさんのメンズウォッチも多数ありますので、気になる方は是非チェックしてみてください!(^^)!


さてさて、今回お買取りしたこちらをご紹介

ピアジェ 金無垢ダイヤベゼル レディース時計でございます!

ダイヤベゼルにグラデーションインデックスがオシャレな一級品!

金無垢ケースですが嫌味のない上品なデザインでございます。

このような宝飾時計は機械が壊れていても素材の値段がつくのが魅力です(^^)/

本来なら、不動品はマイナス要素ですが金やダイヤの値段が保証されているという点がメリットですね!

使われていない時計、宝飾時計などありましたらお気軽にお持込くださいませ!


ロレックス デイトジャスト16014お買取りしました♪

ブランド時計をお持ちの方、お持ちになったことがある方ならご存知の通り、精密機械である時計には”維持費”がかかります。

コストのお話をするとムーブメントの種類によってピンキリですが、クォーツタイプなら基本的には電池交換さえすれば動くので費用は1.2年で数千円かかるかどうか、といったところでしょう。

しかしながら、機械式時計は違います。

数百にも及ぶ細かいパーツで構成されている機械式時計は半永久的に稼働し続ける優れものではありますが、しかし、その”半永久的に”使い続けるには定期的なメンテナンスを要します。

その代表なのが『オーバーホール』と呼ばれる作業

日本語訳すると「分解清掃」という意味になりますね(^^)/

その名の通り、機械を分解しての洗浄、磁気抜き、或いは摩耗したパーツの交換などなど、基本的にオーバーホールをすれば機械は蘇ります。

先にも述べたように、いくら半永久的に稼働し続ける機械であるとは言えど、そこは精密機械の宿命、内部まで浸水すれば一発アウトですし、磁気や砂塵にも弱く、また僅か数ミリほどの小さなパーツは摩耗しやすく、さらに動力の要であるヒゲゼンマイは常に重力に逆らいながら動いているので経年で鈍くなったりもします。

ですので、最低でも5年に一度のメンテナンスは必要と一般的に言われるわけですね♪

とは言え、機械式時計のオーバーホールは非常にコストが大きい。

例えば、ロレックス製品を正規店でオーバーホールしようものなら、通常で5万円前後、パーツ交換ともなれば10万円ほどかかることも珍しくありません。

また必要日数も長く、おおよそ2か月から3か月は預けることとなるでしょう。

思い入れのあるお品ならまだしも、「それだけコストがかかるなら売って新しい物を買う」という考えのお客様もかなり多く、しかし実際、それはある意味理に適っていると言えますね♪

バッグ類にしろ時計にしろ、何十年の愛用するにはお金がかかる

言ってしまえば、家の増改築もそうですし、”物”とはそんな運命にあるのでしょうね!

「売ろうかどうか迷ってる」そんな方がいましたら、一度お見積りを取ってはみてはいかがでしょうか(^^)/

 


さてさて、本日お買取りしたのはこちら

ロレックス デイトジャスト/16014でございます。

こちらは1980年製、今から40年も前の年代物でございます。

それでもしっかりと稼働しているのはロレックスのムーブメントが頑丈な証拠ですね(^^)/

何より40年も前のお品であっても高額でお買取りできるのもロレックスが故!

現在の16014の買取相場はおおよそ30~40万円くらいになります。

当時の定価は約50万円ほどだったようなので、それから40年経過しても尚、この価格で買取できるのはとんでもない人気というわけですね~。

このように、ロレックスは年代物問わず、そして壊れていても動かなくても高額でお買取りできますので不要なものがありましたら是非お持込くださいませ♪

 


ブルガリ ディアゴノスポーツ・レディご用意できました♪

2020年11月12日 ジュネーブ ウォッチ グランプリ

THE GRAND PRIX DE L’HORLOGERIE DE GENEVE 2020

その設立は2001年、時計業界の歴史から言えばまだまだ浅いこのグランプリ杯

今年で19回目の若きアワードですが、今ではすでに”業界で最も重要な賞”に位置しております。

そんな時計業界のアカデミー賞とも言えるようなグランプリにて、11/12に各賞のノミネートと授与式を開催しました。

様々な部門がある中、『アイコニックカテゴリ』で受賞した作品があります。

BVLGARI -ブルガリ- アルミニウム 

時計好きの方はその名前を聞いてどんなデザインなのかすぐに思いつくことでしょう。

アイコニックカテゴリは、革新的で現代的なブランドの本質を反映した創造性を称えるもの

白黒デザインのブルガリ アルミニウムは、洗練された現代と過去の調和、そしてケース素材にアルミニウムを用いることでスポーティさも兼ね備えたモデルです。

「”ラグジュアリー”と”スポーツウォッチ”の概念の再解釈」

そんな風に絶賛の声が上がるほど、ブルガリの独創性・創造性あふれるアルミニウムは高い評価を受けました。

よく時計マニアがこぞって口にされる言葉

「アパレルメーカーの時計は本物ではない」

「宝飾メーカーの時計は本物ではない」

確かに昔はそうだったのかもしれません。

伝統と歴史を重んじる時計業界では、ファンもまた新参者にどこか排他的です。

しかしながら現代では時計専門のメーカーでなくともその技術力は高く、一流の老舗時計メーカーと比較してもなんら遜色はありません。

時計専門のメーカーでないからこそのデザイン性、独創性もまた魅力の一つですね(^^)/

今回、アイコニックカテゴリのアワードを受賞したことにより、ブルガリウォッチの人気にさらに火がつくかもしれませんね♪

気になる方は是非、ブルガリ時計をチェックしてみてください♪


さてさて、今回ご用意したのはこちら

ブルガリ ディアゴノスポーツ・レディでございます。

先程ご紹介したアルミニウムと同等の人気ライン”ディアゴノ”

ブルガリ時計の定番ラインと言えば、「アルニウム」「ディアゴノ」「ブルガリブルガリ」「ビーゼロワン」といったところでしょう。

アルミニウムの次に出てくるほど王道です(^^)/

今回はそんな”ディアゴノ”のレディースモデルがメンテナンス明けでピカピカになって帰ってきました♪

機械点検・外装研磨済みでコンディション抜群でございます!

こちらは現在、楽天・店頭にて販売中ですので興味がある方がいましたら是非覗いてみてください!(^^)!

 


ロンジン ラ・グランクラシックご用意できました♪

どうもこんにちは、キングラム岸里店です。

相も変わらず全国のあちらこちらで感染者数が過去最高、重傷者数も過去最高と非常に難儀な第三波真っ只中ではありますが、いかがお過ごしでしょうか。

ここ最近、当店のブログ内でも新型コロナウィルスの話題に触れることが増えております。

今後、さらに感染が拡大するとなれば再び非常事態宣言が発令されてもおかしくはありませんね、、、

ありがたいことに、当店では日々地域のみなさまにご来店していただき、なんとかご盛況を賜っておりますが中にはこのご時世にご来店しにくい・・・というお客様もいらっしゃると思います。

買取に関しては、ご希望がいましたら”出張買取”としてご相談に応じさせていただきますし、ブランド品などの購入を検討されている方は、楽天やヤフーショッピングなどからキングラム出品の商品をご購入いただけますので是非ご活用くださいませ。

このようなご時世ですので、お客様のご要望にできる限り沿った形で営業して参ります。

中古市場に限らず、飲食業界や旅行業界などなど、ほとんどの業界でコロナウィルスの影響を受けているのは言わずもがな、しかし世界的に見れば、実はブランドメーカーの売り上げ好調だったりもします。

世界最大のブランドグループ"LVMH"に関しては、世界的に感染拡大の兆候があった年明けに大きな赤字計上になる予測だったものの、振り返ってみればむしろ例年より好調なのではないかという販売実績を記録しております♪

中には職を失った方もいる中で、贅沢品であるところのブランド品が好調とはなんとも皮肉な話でありますが、それほど信頼があり、愛されているということなのでしょう。

ファッション業界は表現の場であると同時に、社会貢献の意を背負っているという点が人気の所以なのかもしれませんね♪

キングラム岸里店におきましても、日々ブランド品のお買取をさせていただいております。

これもひとえにお客様のおかげでございますので、当店もできる限りお客様のご要望に沿えるような買取価格を目指して営業しておりますので、不要なものがありましたら何でも結構ですので一度お持込くださいませ。

お気軽にご来店いただけるよう店内の滅菌清掃は念入りに行っておりますので、ご安心ください♪


さてさて、今回お買取したのはこちら

ロンジン ラ・グランクラシック/L4.2094.11.6でございます。

伝統と性能に重きを置く1832年創業の老舗メーカー”ロンジン”

数多くのシンプルなドレスモデルを輩出するブランドならではのラグジュアリーウォッチとなっております。

外装仕上げ済みでコンディションは抜群!

ただいま楽天・店頭にて販売中ですので興味がある方がいましたら下記より楽天ページをご覧くださいませ♪

楽天ページはこちらhttps://item.rakuten.co.jp/kingram/ki-2105020686307/


キングラム 岸里店の最新情報

もっと見る

他の地域の店舗を探す

店舗ブログのカテゴリー