金・プラチナ・ブランド・ジュエリー買取専門店全国に80店舗、安心買取のキングラム

岸里店へのお問い合わせ

06-6653-0230

【受付時間】 10:00 ~ 19:00(火曜定休)

お問い合わせフォームはこちら

14金Zippoライターお買取致しました♪

「金かどうかわらかない」

貴金属に興味のない人のほとんどが、どこを見ればいいのか、或いはどんなものが金なのかわからないと思います。

指輪なら内側に、ネックレスなら留め具に基本的には刻印が存在しますが、しかし一方で、刻印が存在しないパターンも豊富です。

逆に言えば、刻印があっても偽物である可能性もありますし、一言で判断するのは難しいことでしょう。

実際、日々貴金属製品をお買取する中で、稀に刻印が存在しないパターンに出会います。

そういった場合は”比重値”を計るわけですが、しかし比重がうまく測れない製品も存在しますね!

比重値が測れても、正確な純度まではわからない・・・そんな場合もよくあります。

そんなときは、X線検査などで成分分析をします。

だからこそ、「金かどうかわらかない」という品物は是非とも買取店へお持込みください♪

毎日貴金属を目にしている専任のプロの目で、ひとつひとつ査定していきます(^^)/

純度が不明な場合は、一時的にお預かりして無料で鑑定もします!

ファッションアクセサリーやメッキ製品なども含めて、じゃらじゃらと持ち込んでいただければ、仕分けもしますよヽ(^o^)丿

お気軽にお越しくださいませ♪


さてさて、今回はそんなお話に繋がるこちらをご紹介

14金 Zippoライターでございます♪

アクセサリーではなく、このような雑貨で金を用いた製品は、実はかなりのクセモノ。

刻印がないパターンもよくあることで、さらに言えば、刻印があったところで偽物を疑うべきお品となります。

今回は、正確な純度を確認するため、X線による精密検査のもの鑑定いたしました♪

「捨てようと思っていたけど、金だったらもったいないし・・・」というお話から、金製品だとわかればかなり嬉しいですよねヽ(^o^)丿

もしかすれば、みなさんが捨てようかと思っている物の中にも、金製品が混じっているかもしれません。

お金を捨てるのと同じなので、まずは一度、当店へ気軽にお持込みくださいね♪

査定は勿論、無料

値段がつかないとわかれば、捨てるのも躊躇しなくて済むとも思いますよ~♪

それでは、みなさまのご来店お待ちしております。


金の本物と偽物を見分ける方法!

さて、最近の新型コロナウィルス事情により、一時値下がりをみせていた金相場ですが、中国情勢が落ち着きを取り戻しつつあることをきっかけに再び高水準な相場まで復活しましたね!

金投資をされている方は「おいおいどうなっているんだ・・・」と言った下げ傾向だったものの、無事に元の相場まで近づいてきました。

最近では、金相場の高騰から投資を始める方が増えたように思います。

一方で、バブル時代頃に金を購入されていた方が売却されるケースも同様に多くなっております。

「金相場はどれくらいまで高くなるのか、それとも今が天井なのか」

という質問を度々頂戴しますが、こればかりは神様でもない限りわかりません。

ひとつだけ言えることは、金投資はいつだって始めることができるし、いつだって売却することができる・・・それくらい高水準であることは間違いありませんね♪

--------------------------------------------------------------------------

そこで本日のブログでは、金の本物・偽物の見分け方をご紹介したいと思います(^^)/

ブログ内では過去に何度か紹介してきましたが、「今が金の買い時・売り時」としまして改めてご紹介しましょう!

ブランド品の売買にも言えることですが、一部の悪意ある業者は巧妙な手口で騙そうとします。

騙されないために最も重要なのは「信用のあるお店で売買すること」それに尽きます。

必要な知識を備えておけば、仮に悪意ある業者と出会ったとしても自衛が可能ですね♪

これを機に是非とも見分け方を知っておきましょう(^^)/

 


金かどうか見分けるときに最も重要なのはずばり”刻印の有無”となります。

これはそれほど詳しくない人で知っているでしょうが、ネックレスなら留め具の位置、リングなら内側に『K18』や『Pt850』などの刻印があります。

より信用性を誇る貴金属には「ホールマーク」と呼ばれる旗のような刻印もありますね♪

では、この刻印があれば全て貴金属なのでしょうか?

答えはノーです。

刻印のある貴金属類の中で、99%は本物の金ですが、残りの1%に悪意ある偽物が混在しています。

この1%の悪意が度々買取店を騙し、購入されるお客様を裏切ることなります。

なら、どうやって1%を見分けるのか?

先にも言ったように、一番大事なのは「信頼のおける店で買うこと」

しかし、それ以外にも見分ける方法があります。

① 磁気反応の有無

② 比重値の計測

③ 熱伝導の計測

④ X線検査

主にこの3パターンで、100%見極めることが可能です。

最も簡単な方法は①磁気反応の有無

磁石を近づけて反応するようだったら金ではありません。

しかし、注意が必要なのが、例えば連筒状のネックレスの中に磁気反応を示す金属が使われている場合や、鉄などの合金素材と金素材のコンビアクセサリーが存在するという点。

磁気反応を示すアクセサリーは99%金以外の合金素材ですが、残りの1%にそういった物が用いられているケースが存在します。

そこで重要になるのが②比重値の計測

これは空気中の重量と、水中の重量を割った値によって貴金属の純度を計測する方法となります。

専用の比重計測機がなくても、水を入れたコップに重量がほとんどない細い糸などで吊るして水中重量を計測すれば素人の方でも比較的簡単に確かめることができます。

とは言え、簡易計測では十分な情報が出ないケースも多々あるので、本来は専用の比重計測機を使うのがベストですね。

例えば重量50gの製品で、水中重量が2.8gだった場合、比重値はおよそ17.8

これは18金相当の値となるので、「刻印がある」「磁気反応がない」という前提ならほぼほぼ18金と見ていいということになります。

③熱伝導率に関しては、主に純金(24金)で参考になる真贋要素となります。

金は非常に熱伝導率が良いので、たとえば指先で強く握ったままにしておくとすぐに温かくなります。

さらに言うと、純金は”無臭”です。

ほとんどの純金製品はやはり保管臭があるのであくまで参考程度にはなりますが、「鉄臭い、錆び臭い」といった異臭を感じられる場合は注意が必要ですね。

④X線検査、これは素人では絶対に手が出ない検査方法ですが、100%正確な真贋が可能となります。

ほとんどの買取店では、真贋面で怪しい貴金属類が持ち込まれた場合、最終的にはこの方法を取ります。

極稀に、①~③をクリアしていたとしても、偽物があるケースがあります。

具体的に言うと、18金刻印があるのにもかかわらず、実際の素材はSV925だったりする場合があります。

この場合、比重値はほとんど18金同等の値になるので、見た目だけで判断するにはかなりの専門的知識がいりますね!


お持ちの物で、金かどうかわからない・・・という方は是非当店へお持込みください♪

査定無料・見積もり無料、金っぽいけど見分け方がわからないという方にも安心していただけるよう丁寧に説明しながらご納得いただいた上でのお買取を心掛けております。

中には、無知なお客様を騙して、低い純度で買い取る悪質な業者も存在します。

特に、家宅訪問での押し買いや、電話などでの買取勧誘などは、実店舗を構えていない悪質なパターンがかなり多いです。

「不要なものは全部引き取ります」という文言を盾に、実際に訪問した際は、金目のものを言葉巧みに引き出そうとする手口ですね。

そういった悪質業者はあとでクレームを入れられる可能性も低く、信用するに値しません。

実店舗を構えている買取店でそのようなことをしようものなら会社の信用、全店への信用問題にかかわります。

御手数とはなりますが、売却の際は是非とも実店舗を構えているお店でお売りいただいた方が安全です♪

当店では全国に系列店含む100店舗以上を展開しておりますので、どちらのお客様も安心してご来店くださいませ(^^)/


ダイヤ付喜平ブレスお買取致しました♪

金相場を毎日チェックされている方はご存じでしょうが、実を言うと、金相場は新型コロナウィルスによる世界的パンデミックの影響を受け、以前の最高値からは若干値下がりしていました。

世界経済が不安定になると、本来ならば”金>通貨”の傾向から金相場が高騰するのですが、今回は少し違ったようです。

市場では「有事の金」と古くから言われており、投資家のリスクヘッジとして金の取引が行われます。

くだんの件で言うと、株価が暴落する→リスクヘッジで金投資する

この流れが本来の株式市場と金市場のバランスと繋がりなわけですが、今回は金相場も値崩れしてしまいました。

それはなぜか

それは、各国の中央銀行が大規模な金融緩和によって潤沢な資金を市場に提供していること。

つまり「現金」です。

その世界的な現金化の流れがリスクヘッジ先であるはずの金相場まで波及していたわけですな・・・

ところが、4月の下旬から5月に入り、金相場はまた好調を取り戻してきました。

世界的に見ればまだまだコロナウィルスの影響は計り知れませんが、中国内での感染拡大が落ち着き需要が戻ったことも要因ですね!

今ではK24インゴットが税込\6,500ほど。

かなり高い水準まで戻って来ましたので、売却を検討されている方は今が売り時ですよ!

お持ちの方は是非当店でお売りくださいませ♪


さてさて、今回お買取したのはこちら、

K18喜平ブレス D0.32ct 36.8gでございます♪

SI1クラスとかなり良質な1Pダイヤ

重量もあり、現在の高水準な金相場から高値でお取引させていただきましたヽ(^o^)丿

金は今が売り時!

コロナの影響から高水準をキープしているので検討されている方は是非この機会にお持込みくださいませ♪


【なぜ?】パラジウムが9000円/1gの大台に乗る!!【解説】

金銀プラチナの売却を検討されている方や、投資をしている方は日々相場のチェックをしていると思います。

イランとアメリカによる世界情勢の悪化から、金相場が6000円台に乗るか----というところまで高騰していることは、おそらく、それほど興味のない人でもご存知でしょう。

先日、金相場の高騰理由についてはブログ内でもご紹介しましたが、それより今もっとも高騰しているレアメタルがあります。

------------------------------------------------------------------------------------

Palladium -パラジウム-

昨年にも大きな高騰があり、その時ブログでもご紹介しました。

既に高騰していたパラジウムが、今年に入りさらにさらに高騰しているのです!

本日1/17現在 8806円/1g 前日比+607円

ちなみに、金相場は5982円/1gです。

その差、およそ1.5倍!!

数年前まではプラチナより安く、3000円/1gくらいの相場だったのに、今やプラチナの2倍以上の価格となっています。

本日のブログでは、なぜここまで高騰しているのか。

そして、今年に入って急に高騰した理由は何なのか----解説していきますよヽ(^o^)丿

 


初めに、プラチナとパラジウムの違いをおさえておきましょう。

この2つはかなり似ているレアメタルですが、実際のところ、用途を含め昨今ではかなり差別化されています。

   プラチナ  パラジウム
比重  21.45  12
硬度  4-4.5  4.75
用途 自動車の触媒、ジュエリー 自動車の触媒、ジュエリー、歯科治療
特徴  重い  軽い

このように用途含め、結構似ていますよね♪

しかしながら、パラジウムが急騰する理由はずばり「自動車の触媒」が要因です。

-------------------------------------------------------------------------------------

自動車の触媒って何?

プラチナとパラジウムの両者は自動車の触媒で利用されることが多いレアメタル

いずれも、「自動車で使う」というくくりでは同じですが、内容は全く異なります。

プラチナが使われるのは「ディーゼル車」

パラジウムが使われるのは「ガソリン車」

大気汚染が重大化し、世界的なガソリン車の排ガス規制が数年前に定められました。

この影響を受け、悪質な排ガス量の多いディーゼル車は製造できず、クリーンな排ガスを出すガソリン車が供給されるようになります。

ディーゼル車の供給が制限されることによって、プラチナの価格は暴落

対して、ガソリン車に使われるパラジウムが高騰したわけですね。

排ガスの浄化装置の触媒として利用される二つのレアメタル……ですが、需要はまったく逆転しているのです。

--------------------------------------------------------------------------------

とは言え、パラジウムがここまで急騰した理由は他にもあります。

1/15に行われた『米中貿易協議の第一段階合意』

これにより、貿易が制限されていた中国の景気が回復し、自動車生産業が復活するという見込み

加えて、全体の40%以上を占めるパラジウムの産出国であるアフリカでは、大規模な自然災害等で採掘が非常に難しくなっています。

さらにさらに、パラジウムはもともと採掘量がかなり少ないレアメタル。

パラジウムだけを狙った採掘は難しく、他の鉱物の副産物として掘り出されるわけです。

供給はとにかく停滞し続けていて、今以上の産出は限りなく難しいと言われています。

金にも同じことが言えますが、採掘技術の発展によって、これまでは不可能だった採掘地(海底等)での産出が可能になる場合もありますが、それにはコストが高くなりすぎるので、手が出せない状況。

仮にそのような場所で採掘を行えば、さらなる高騰に繋がることでしょう。。。

・中国の景気回復予測

・パラジウムの供給不足

この2つが、今年に入っての急騰要因ですね♪


近年、パラジウムのアクセサリーも徐々に増えてきました。

プラチナより軽く、耐久性もあることから、普段使いする結婚指輪にも多く見られます。

ただし、プラチナとは違い、パラジウムは金属アレルギーを起こす物質なので注意しましょう!

ともあれ、今後のパラジウム相場の傾向ですが、、、、

マーケットでは今後も高騰すると予測されています。

先も述べたように、自動車生産業の加速と供給不足が理由ですが……

とは言え、果てしなく上がり続けるかと言えばそうではありません。

プラチナの自動車触媒が制限されたと同じように、電気自動車や水素自動車が一般的になれば、そもそも排ガスは出ないわけですから、パラジウムの用途も限られてきます。

そうなれば、パラジウムの用途のほとんどを占める自動車触媒への供給が止まり、価格の下落に繋がりますよね。

しかし!

みなさん、周りをみて電気自動車に乗っている友達は何人いますか?

そうです、まだまだ電気自動車は一般的ではありません。電気自動車は電気自動車でデメリットもあります。

少なくとも、それが世界的な常識にならない限り、パラジウムの価格は高騰し続けることでしょう。

興味がある方は、是非パラジウム相場をチェックしてみてください♪

金投資とは違い、短期的に大きな利益の出る貴金属投資なので、今からでも遅くはありませんよ!

パラジウム投資がこの急騰価格でも遅くないということは、過去の相場が証明しています(^^)/

この1年でどれだけあがったのか、そして5年前と比べて何倍になったのか。。。

気になった人は調べてみましょう!


金相場が6000円台に突入!?~今知っておくべき金相場~

どうもみなさんこんにちは、キングラム岸里店です。

先日ブログ内でも少し触れましたが、イランとアメリカの関係悪化がさまざまなニュース番組で取り上げられていますよね。

ニュースのみならず、その影響はもう既に日本国内だけには留まりません。

既に国内株の平均は総じて安目となっており、仮に本格的な軍事衝突となれば、さらに値下がりすることになります。

この背景には、石油産出国である中東から原油が安定供給されないことになると、プラスチック製品やゴム製品に依存している日本では甚大な影響が出るわけですね。

2003年イラク戦争を振り返ってみても、日経平均が8000円を割る場面も見られました。

国内株のみならず、為替も同じことが言えると思います。

-------------------------------------------------------------------------------------

さて、ここから本題

以上のことから、世界的に見て逆に価値が高まる「もの」があります。

勿論、株でも通貨でもありません。

そう、、、『金』ですね!

遡れば、昨年の5月くらいから本格的になったアメリカと中国の貿易摩擦以降、金相場は一時爆発的な高騰を見せ、その後もじりじりと足並みを速めて参りました。

その当時、マーケット市場ではいつかは”6000円台”まで伸びる見込みがある……と予測されていました。

スケジュールで言うと、昨年末12/27にマーケットは閉まり、翌年1/6にマーケット開始

ついに!

6000円台を突破しましたヽ(^o^)丿

1/6時点で前日比+137円

1/8時点で、税込小売価格が6149円

この高騰っぷりは、世界中の人々が情勢の不透明さを懸念した結果とも言えます。


本日1/9時点では値下がりを見せ、6000円を割りましたが、これは一時的な下げ幅でしょう。

中東での軍事衝突が本格的になりそうな気配は、金相場のさらなる高騰の要因となります。

とは言え、「6000円台に乗る」と半年前に予測されていた時点では、まさかこのようなことが起こるとは誰も思っていませんでした。

トランプ氏がイランのナンバー2……現地で言えば、神様に次ぐ偉い人を殺害したことが始まり

そして、イランが報復として、イラクの米軍基地を爆破したんですね~。

米軍兵の死者はたしか20人超え、、、このままアメリカが黙っているはずがありません。

トランプ氏はツイッタ―で、これに対するさらなる報復を明言しています。

この背景には、過去にイランでアメリカ人52名が人質になった歴史があります。

いつかは6000円台に到達する……と言われていましたが、まさかこのような形で、しかもこんなにも早く到達するとは、まさかまさかな事態です\(゜ロ\)


アメリカとイラン

何度も言うようですが、中東情勢は日本にとんでもない影響を及ぼします。

しかしながら、金相場の高騰だけを取ってみれば、金をお持ちの方にとっては朗報とも言い換えることができますね♪

仮に、中東情勢が落ち着きを取り戻した後、果たして金相場は下がるのでしょうか?

それは誰にもわかりませんが、、、少なくとも今が売り時であるのは事実です。

バブル時代、金の購入を会社で勧められたり、贈答品で金を貰ったりしている方も多いはず!

貴金属アクセサリーをお持ちの方はもたくさんいらっしゃることでしょう。

この機会に是非、売却を検討してみてください♪

当店では地域ナンバーワンを目指し、高水準のお買取を日々行なっております(^^)/

0.1gからお買取できますので、小さなピアスだけでも歓迎ですよ♪

それでは、みなさまのご来店を御待ちしております!


キングラム 岸里店の最新情報

もっと見る

他の地域の店舗を探す

店舗ブログのカテゴリー