金・プラチナ・ブランド・ジュエリー買取専門店全国に80店舗、安心買取のキングラム

岸里店へのお問い合わせ

0120-530-237

【受付時間】 10:00 ~ 19:00(火曜定休)

お問い合わせフォームはこちら

知らなければ損する!?金貨の品位はさまざま!

世界中の金貨(コイン)は一体何種あるでしょう?

(チクタクチクタク……)

正解は、500種以上!!!

世界各国で、政府が発行しているのが「金貨」なのです♪

日本でも「天皇御即位記念金貨」がありますよね、それと同じものが世界中で発行されているわけですな。

中には驚く値段になるレア物も……。

今回は『金貨の品位』について、ご紹介しましょう。

前置きしておきますと、金貨はその種類によって品位(金種)がさまざま……ということは、金貨の品位を知っておかなければ、「24金なのに、22金で取られた!」というケースが発生しうるわけです。

こんなケースは、我々のような買取業界では日常茶飯事

買取屋さん全てが金貨の品位を把握しているわけではありません。(なにせ500種もあるのですから)

無論、良心的な買取店では珍しい金貨の品位は当然調べます。品位をしっかり調べた上で買取価格を提示するので安心していただけますが、中にはあくどい業者もいます。

金貨の純度によってお客様が損をするというケース・トラブルは散見されているので注意です!


エリザベス メキシコ イーグル ドバイ マン島キャット ポンド ナポレオン……などなど

金貨の種類は全て覚えられないくらいに豊富です。

そして、その金貨によって純度が違いますので、代表的な金貨の品位についてご紹介しましょう!

代表的な金貨の品位は……

『K24(純金)』 『K22(22金)』 『90%純度の21.6金』 『K14/K12(14金・12金)』

極一部に、「23.6金」や「22.2金」のレア物も存在しますが、まぁあまり考えなくても大丈夫。

他にも勿論、「銀貨」や「プラチナコイン」もありますが、金貨のほとんどが上記のどれかに当てはまります。

「金貨=純金」と思っていた方も多いのではないでしょうか?


 

24金コインの代表格

「カナダ メープルリーフ」

 


 

こちらもよく見られる金貨ですね。

「中国 パンダ金貨」


24金コインには「Au999」「GOLD999」という表記があることが多いです♪

中には「○○年のコインのみ24金」というレア物もありますので注意ですね~。

対して、こちらは22金コインの代表 「アメリカ イーグル金貨」

おわかりの通り、24金コイン以外のほとんどは品性表記がありません。

こういった金貨がほとんどなので、売却をする際は「何金で査定しているか」注意が必要です。


こちらも22金コインの代表「南アフリカ クルーガーランド金貨」

他にも、「イギリス ブリタニア金貨」 「ペルー インディアン金貨」 「トルコ 100ピアストル金貨」 「ヴィクトリア 1ソブリン金貨」などが22金に当てはまります。


ちなみに、これは「アメリカ 10ドルインディアン金貨」

先程、わたしは「ペルー インディアン金貨」は22金だとご紹介しました。

しかし、このインディアン金貨は21.6金

僅かな純度差なので、そこまで気にしなくてもいいと思いますが、こんな分かりにくい違いがいくつもあるのが金貨の品性なのです……。

お買取で最も多い金製は「21.6金」か「22金」

これは喜平などのネックレストップとして使われていることが多いのが理由ですね。

24金コインは、むしろコインそのままでお持ちのお客様が多いと思います。


 

こちらも21.6金の代表

「フランス 20フラン金貨」

20フランは種類が多いので、絵柄は違うこともあります。「50フラン金貨」も21.6金になります。


大手地金商が金相場と連動して販売する外国金貨を「地金型金貨」と呼びます。

民間業者などが製造する金塊(インゴット)に較べ、政府が公式発行しているものなので小口投資として定着しています。

従来は(金相場が安値だった2000年前後)は、地金価値に対してプレミアムの希少性が加味されていました。

要するに、当時は「地金相場よりもちょっと高く売れた」わけです。

しかしながら、ここ最近の金相場の高騰によって、特殊なレア金貨を除きプレミアをつけるところはまずありません。

(まあ、そりゃそうだ)

金塊(インゴット)でもないので、売却の際はスクラップ扱いになります。

純金スクラップと純金インゴットでは相場価格が違うので注意ですねヽ(^o^)丿

ちなみに、当店でも金貨付きネックレスを販売しております。

近頃の金相場高騰の影響なのか、飛ぶように売れております。

在庫が在庫が……という状況。

とは言え、金相場が高騰している分、売却される方も多いので、まさに「出たり入ったり」ですな(笑)

金ネックレスをお探しの方はお気軽にお越しください♪

それでは、みなさまのご来店お待ちしております。


キングラム 岸里店の最新情報

もっと見る

他の地域の店舗を探す

店舗ブログのカテゴリー